いらっしゃいませ!


世の中色々なダイエットがありますが、
ダイエットの前に気を付けなければならない
共通的な習慣があります。

それは「食べる時間」「ゆっくり食べる」
です。


■食べる時間

 身体の機能的に、同じ食事でも
 太りやすい時間が存在します。

 どのダイエットでもこれを意識しないと
 失敗してしまう可能性がありますので
 注意が必要です。

 具体的に見ていきましょう。


 ①寝る3時間前までに食べること

   これが先決です。

   寝ている間は胃腸も休んでいます。

   そのため、寝る直前に食べてしまうと
   食べ物が消化しきれず、
   カロリーが体内に留まって脂肪となります

   また、胃腸も休ませないといけません。

   胃腸の調子を整えることはダイエットでは
   必須条件であるので注意してください。


 ②午後9時以降は食べない

   午後10時~午前2時の間は
   体内にBMAL1というたんぱく質の
   分泌量がピークになります。

   このBMAL1に含まれる酵素には
   脂肪を溜めこみやすくなる作用
   ありますので、
   同じ食事でも太りやすくなってしまいます。

   午後10時~がBMAL1の分泌量の
   ピークですので、
   私は午後9時までには食事を済ませて
   おくことをおすすめします。


■ゆっくり食べる

 次に食べ方についてです。

 どのダイエットでも制限なくバクバク食べていては
 意味がありません。

 食べ方に気を付けることもダイエットでは必要です。

 特にゆっくり食べることを意識すると良いでしょう。

 次の方法が有効です。


 ①熱いものを食べる

  熱いものを食べると自然と食べるスピードが
  落ちます。

  満腹感は食べてからしばらく経ってから
  訪れるため、食べるスピードを落とすと
  食べ終わると同時に満腹になれます。

  過剰に食べることを防ぐことができます。

  食事に熱い味噌汁やスープをプラスすると
  良いでしょう。


 ②硬いものを食べる

  満腹感は脳からの満腹中枢を刺激することで
  訪れます。

  硬いものは
  必然的によく噛まなければなりません


  これも過剰に食べることを防ぐことができます。

  おやつにおかきを食べると良いでしょう。

  また、イカなどの切りにくいもの、
  食べにくいものでも良いです。


 ③ながらの食事をしない

  スマホやテレビを見ながら食事をする方が
  多いかと思います。

  しかし、これはあまり良くありません。

  目からの刺激が強いと、満腹中枢が鈍くなり
  満腹感が訪れるのに時間がかかってしまいます。

  そのため、食後にデザートを食べたくなったり
  するのです。

  スマホやテレビは食事のコミュニケーションツール
  にもなりますが、
  ダイエットとしては止めたほうが良いです。
  

■習慣は簡単に変えられる

 以上の習慣に気を付ければ、
 痩せることはできませんが、
 少なくとも太ることはないかと思います。

 食べ物を変えたり、制限することは
 辛くて難しいですが、
 以上のような習慣は結構簡単に変えることが
 できますよね。

 このような簡単に変えられる習慣から
 変えていくことが
 ダイエット成功への一歩だと思います。