いらっしゃいませ!


人はなぜ老けるのでしょう。

加齢による筋力、代謝の衰え意外に
人の老化を加速する原因として
「酸化」「糖化」があります。

そのため、「抗酸化」「抗糖化」
アンチエイジングのキーワードと
なっています。

今回は後者の糖化について、
見てきましょう。


■糖化反応とは

 糖質はたんぱく質と結合することができ、
 この結合を糖化反応
といいます。

 通常、体内に入った糖質は
 分解されてエネルギーとなる
 ブドウ糖となるか、
 余分なものはインスリンにより
 体脂肪として蓄積されます。

 これ以外にも体内のたんぱく質と
 結びつき、糖化反応が起こります。

 糖化反応が起こると
 AGEs(終末糖化産物)を生成します。

 このAGEsが厄介なのです。


■AGEsは見た目から老けさせる

 AGEsは身体に様々な悪影響を
 及ぼします。

 まずは外見への影響です。

 糖化反応はたんぱく質と糖質の
 結合をいいますが、
 この結合されるたんぱく質は
 コラーゲンなのです。

 コラーゲンはご存知の通り、
 見た目の若さを保つ最重要物質なのですが、
 これが糖化反応により奪われるのです。

 そのため、お肌は弾力を失い、
 シワやたるみ、くすみの主原因となります。


■AGEsは体内にも悪影響を及ぼす

 AGEsは糖尿病の合併症や骨粗しょう症、
 アルツハイマー病といった
 様々な病気の発症に関係していることが
 明らかになってきています。

 中でも動脈硬化への影響が大きいです。

 前述したように糖化反応で結合される
 たんぱく質はコラーゲンです。

 コラーゲンはお肌をきれいに保つためだけに
 作用しているわけではありません。

 血管の弾力を保つためにも作用しています。

 そのため、糖化反応が進むと
 動脈の弾力が失われ、
 動脈硬化となってしまいます

 動脈硬化がさらに進んでいくと
 心臓病などの心疾患や脳卒中のリスクが
 高まってしまいます。

 人間は血液から老けていくといいますが、
 糖化反応、そしてAGEsは
 まさにこれを指しています。


■糖化を防ぐには

 糖化反応を防ぐには
 糖質の摂取量を抑えることが一番です。

 また、空腹時に甘いものを食べる
 血糖値が急上昇しますので
 これもNGです。

 血糖値の急上昇は
 食物繊維の少ない食事でも起こります。

 口述する抗糖化作用のある食品を
 いっしょに食べるようにしましょう。

 また、糖質を体内に留まらせないことも
 重要です

 糖質の吸収を早めるために
 食後に10分ほどウォーキング
 してみても良いでしょう。


■抗糖化作用のある食べ物

 前述したように、
 食物繊維は血糖値の上昇を抑えます

 とくに水溶性食物繊維・難消化性デキストリン
 が最も効果があります。

 この難消化性デキストリンは
 トクホのお茶の成分として
 利用されています。

 食物繊維は以下の食品に
 多く含まれています。

 ①野菜
 ②海藻類
 ③キノコ類
 ④納豆、オクラ、メカブなどのネバネバ系

 また、糖質の吸収を早めるビタミンB1を
 多く含む豚肉もおすすめです。

 AGEsへの変性自体を阻害してくれる
 食品もあります。

 ①シナモン
 ②クミン
 ③黒コショウ
 ④バジル

 以上のような食品をとりいれ、
 アンチエイジングを成功させましょう。