いらっしゃいませ!


少しあったかくなった今日この頃、
晩御飯に何を食べようかな、と
彷徨っていたところ、素敵なメニューに出会いました。

すきやの春えび塩キャベツ牛丼です。


20160404_185602


■緑黄色野菜がたっぷり

 牛丼の上にはキャベツやブロッコリー、
 ニンジン、ほうれん草といった緑黄色野菜

 塩ダレで和えたものがのっており、
 そこに小エビをふりかけてあります。

 塩ダレはたっぷりかけられており、
 野菜だけでも十分にごはんが食べられます。

 塩ダレは牛肉とその出汁にも良く合い、
 さらにごはんとよく絡んでどんどん食が進みます。

 そして小エビの香ばしさがアクセントとなり
 食感も非常に良いです。


■ニンジンとほうれん草は気持ちくらい・・・

 緑黄色野菜たっぷりといいつつ、
 ニンジンとほうれん草は気持ち入っているな…
 というくらい
で、
 ほとんどキャベツとブロッコリーでした。

 正直もうちょっと入れて欲しかったなと
 思いました。

 とは言っても外食で手軽にブロッコリーを
 食べられるメニューは非常に少ないので、
 すきやで手軽に食べられるのはうれしいことです。

 ブロッコリーは完全無欠食品でもありますので、
 進んで食べるようにしましょう。


■サイドメニューをプラスで完璧に

 緑黄色野菜がたっぷりですが、
 野菜は生で食べることがベストです。

 加熱すると一部のビタミンが損なわれるからです。

 さらに牛丼の上にのっている緑黄色食品は
 おそらく冷凍であるため、
 さらにビタミンが損なわれているでしょう。

 そのため、生野菜サラダもプラスすれば
 完璧となります。

 また、牛丼の牛肉の量では
 1食のたんぱく質として少し物足りません。

 そのため、たまごをプラスすると
 その不足分を補うことができます。

 私は春えび塩キャベツ牛丼セット
 (味噌汁とサラダ付)に
 温泉卵をプラスしました。

 料金は並盛で690円でした。


■ごはんの量に注意

 春えび塩キャベツ牛丼に限らず、
 牛丼はごはんの量が多く、
 糖質が非常に高い食品です。

 並盛でだいたい90gを超えてしまいます。

 ロカボ基準では1食あたりの糖質量は
 40gのため、2倍も超えてしまいます

 並でこの量なので、ロカボとしては
 残念ながらNGなのですが、
 そんなに厳格にならなくてもたまには
 並盛くらいは良いかなと思います。

 心の栄養補給も必要です。

 ですが、食べるにしても並盛にしておくほうが
 良いでしょう。

 並では物足りないという方は
 豆腐か牛皿をプラスすることをおすすめします。


 春えび塩キャベツ牛丼はキャンペーンのため、
 期間に限りがありますが
 4月中はまだ販売されているかと思います。