いらっしゃいませ!

ごはんなどに多く含まれる糖質を制限する
ダイエット法が世間的に広く認知されるように
なりましたね。

コンビニの商品や外食店のメニューにも
糖質を意識した商品が多くなっていました。

そんな中、糖質を制限しつつ、
ダイエットに付きまとう精神的苦痛をなくす
新たな食事法を発見しました。

それがロカボです。

929ba301df343eebc1b2a71f059be70f_s

■ロカボとは

 低糖質を英訳した
 「ローカーボハイドレート」をもとにした造語で、
 緩やかな糖質制限食を意味します。

 変わった名前ですよねぇ。

 北里研究所病院の糖尿病センター長である
 山田悟さんが提唱しており、
 「おいしくて楽しくて健康になる」
 ことがモットーの食事法です。

 糖質を制限することにより、
 血糖値の上昇を穏やかにし、
 生活習慣病を防ぐこと
が目的です。


■ロカボのやり方

 ロカボは以下のルールで糖質制限します。

 ①糖質は1食20~40グラムまで
 ②1日のスイーツ、間食には糖質10グラムまで
 ③1日の糖質摂取量を
   トータル70~130グラムにする

 普通の糖質制限と違うのは
 極端な低糖質状態を避け、
 身体への負担を減らしていることと
 食べてはいけないものが少ないということです。

 20~40グラムの糖質は
 大体お茶碗の半分くらいです。

 糖質の量さえ制限すれば
 そのほかのおかずを制限する必要はありません

 カロリーも気にせず、お腹いっぱい食べて
 よいのです。


■血糖値の上昇を穏やかに保つ理由

 糖質をとると血液中の糖が増えます。

 血液中の糖の量を血糖値といいます。

 これが上昇すると身体は糖の量を減らそうと
 インスリンというホルモンが分泌されます。

 大量の糖質をとるとそれを打ち消そうと
 大量のインスリンが分泌されます。

 インスリンが過剰に分泌されると
 逆に血糖が下がり過ぎてしまい、
 これを上げるためにカテコラミンという
 ホルモンが分泌されます。

 しかし、このときに手が震えたり、
 気分が悪くなったり、
 無駄に焦燥感になったり
します。

 その上、上昇した血糖を消化するために
 インスリンは血糖を脂肪に変えます。

 そのため、インスリンが過剰に分泌されると
 過剰に脂肪が溜まることにもなるのです。

 また、インスリンは加齢とともに
 分泌量が減っていきます。

 糖質の摂取量を考えずに食事をしていると
 血糖が下がりきらず、血糖異常となり
 生活習慣病である糖尿病やガンの原因となります。

 このように血糖は上がり過ぎても
 下がり過ぎてもいけないため、
 緩やかな糖質制限で一定に保つことが
 ベスト
なのです。


■ロカボの効果

 ではその効果はいかほどでしょう。

 以下の3種類の食事法をとるグループに分かれて
 その結果を比較する実験が行われました。

  ①油を控えてカロリーも控える
  ②カロリーは控えて油は食べる
  ③カロリーは気にせず糖質だけ控える

 ③はつまりロカボです。

 実験の結果、以下の5点について
 ③が1番であることがわかりました。
 
  ・体重の減量
  ・血中の中性脂肪の減量
  ・善玉コレステロールの増量
  ・動脈硬化発症リスクである
   高感度C反応性たんぱく質の減量
  ・血糖値管理指標「HbA1c」の改善

 これによりロカボは
 体重はもちろん、血液もきれいになり
 善玉コレステロールも増える、
 至れり尽くせりということが証明されたのです。


 しかも、ごはんを半分にするだけです。

 皆さんもまずごはんを半分にすることから
 始めてみましょう。