いらっしゃいませ!

c2109fe4f7b5bb46e3d707091c54470c_s

学生や20代前半の若い人達で

「食事はうどんだけ」
「豆腐だけ」
「鶏ひき肉だけのカレーを一週間」

という風に、
食費を抑えておられる方が見受けられます。

しかし、それは危険です。


■身体は食べたものはできている

 生物の身体は食べたもので出来ています。

 牛肉の場合でも、肥料によって肉質が
 変わりますよね。

 それと同じで私たちも食べるものにより、
 体質が変わってきます


 また、牛とは違い、私たちは脳の調子、
 つまり集中力や、パフォーマンスにも影響します。

 そのため、安いからといって栄養のない
 粗悪品ばかり食べていると、
 徐々にパフォーマンスが低下し、
 いつか身体にガタがきます。


■体内で作れない栄養素がある

 人間が活動、成長、傷の治癒をするために
 栄養素を体内で生成することができます。

 しかし、中には生成できない栄養素が
 あります。

 それが以下になります。

 ①必須アミノ酸(たんぱく質)

  アミノ酸はたんぱく質が体内で分解された
  ものです。

  そのアミノ酸の中には体内で生成できないものも
  あります。

  たんぱく質から作られるのは
  筋肉だけではありません。

  髪や爪、すべてはたんぱく質で
  できています。

  つまり、たんぱく質が不足すれば
  身体はボロボロになってしまうのです。


 ②必須脂肪酸(脂肪)

  細胞、脳、ホルモンを構成する材料です。

  脂肪=体に悪いというイメージが
  いまだに強いですが
  脂肪が不足すると、腸機能が低下したり
  脳の調子が悪くなります。


 ③ミネラル

  必要量はごく少量ですが、不足すると
  身体のあちこちの調子が狂います。

  鉄分が不足すると骨粗しょう症、貧血に
  なります。


 ④ビタミン

  免疫力を高め、身体の調子を整えます。

  風邪の予防、肌の調子などに影響します。


■大病を患うリスクが高まる

 食費を抑えて節約するのは
 短期的にはお金が貯まりますが、
 長期的には危険です。

 食費を削って粗食になったり、
 偏った食事を続けていますと、
 若いうちはそれでも大丈夫でしょうが、
 年齢を重ねると少しずつガタが出てきます。

 粗食や偏った食事で身体の内側からの
 老化が促進します。

 代表的なのが血管です。

 「血管年齢」という指標があるように
 血管も老化します。

 血管の老化は様々な病気の原因となります。

 血管が老化すると血管が硬くなり、
 代謝が悪くなり、脂肪が溜まりやすくなります。

 それだけでなく、血管が詰まることにより
 脳梗塞の原因という重大な病気につながります。

 治療費、完治しても病前と同じように働くことは
 自分の体調や外部環境から考えて難しいです。

 仮に40~50代で発症すると、
 定年までの稼ぎは激減してしまいます。

 これまで食費を抑えることで貯めていたお金も
 吹っ飛んでしまうでしょう。

 食費を削ることは脳梗塞のような
 大病を患うリスクを自ら高めていることに
 なってしまいます。


■身体こそ資本

 脳梗塞の大病は患わなくとも
 疲労しやすくなったり、
 体調が悪くなりやすかったりしやすくなります。

 栄養のことを考えると
 食費にはやっぱりある程度お金がかかります。

 サラダを作るにしても
 キャベツやレタスのほかに
 ブロッコリーやパプリカ、
 アスパラガスを加えていくと
 結構なお値段になります。

 しかし、身体のもととなる食事には
 一定のお金をかけるべきだと思います。

 食費にお金をかけて、
 パフォーマンスを一定に保ち、
 更に向上していきましょう。

 すぐ体調を悪くする人や病気になりやすい人に
 重要な仕事を頼みますでしょうか?

 体調管理ができていることが
 収入アップにつながるといっても
 過言ではないでしょう。